聴神経腫瘍とは?

聴神経腫瘍は、進行はゆっくりであるものの、耳の聞こえが悪くなったり耳鳴りが酷いなどの症状が出る耳の病気です。

聴神経腫瘍の治療方法

no.1

聴力検査を行い聞こえなどを確認する

聴神経腫瘍の初期症状は耳鳴りや難聴からくるため、まずは聴力検査を行って難聴かどうかチェックします。

no.2

MRI検査を行い耳の内部を調べる

聴神経に腫瘍があるかどうかを調べるために、MRI検査を行い耳の内部を細かくチェックします。

no.3

経過観察を行い腫瘍を見ていく

腫瘍がまだ小さい状態であれば、急いで手術をする必要はないため治療は経過観察が主になります。

no.4

ガンマナイフ・サイバーナイフを使った放射線治療を行う

小さい腫瘍はあまり心配はないものの、手術をしたほうが良いと判断した場合には、ガンマナイフやサイバーナイフを使った手術を行います。

no.5

手術治療を行い神経機能を維持させる

聴神経腫瘍の手術には、主に神経機能を維持させる目的と、腫瘍が大きくなることで起こりうる脳の障害を予防する目的があります。

医者

その耳鳴りは本当に耳の病気ですか

耳鳴りは耳の中から聞こえてくる音ですが、聞きたくもないのに勝手に聞こえてきて本当に辛いものです。不快な音耳鳴りですが、原因は様々あって特に病気ではなくても聞こえてくる事もあります。耳鳴りの原因の一つとして「聴力の低下」があります。突発性難聴やメニエール病など耳の病気が原因で聴力が低下し、それに伴って耳鳴りがすることが良くありますが、加齢で耳の聞こえが悪くなり耳鳴りがしてくる事もあります。一般的に耳が聞こえにくくなったり、耳鳴りがすると耳鼻科を受診することが多いかと思います。しかし脳の病気から耳鳴りや難聴を引き起こすことがあります。「聴神経腫瘍」という小脳橋角部に出来る腫瘍があります。初期症状がメニエール病などの耳の病気と似ているので間違えてしまいがちです。耳鼻科で治療をしても良くならなかったら、聴神経腫瘍を疑った方が良いかもしれません。

治療を焦る必要はありません

「聴神経腫瘍」は悪性ではないので焦って手術に挑む必要はありません。ですが、放置しておくと徐々に腫瘍が大きくなって最終的に聴力を失ってしまったり、腫瘍が出来た場所によっては嚥下困難や顔面神経麻痺、脳を圧迫してしまうと意識障害を引き起こすこともあるので、まずは検査をしてどのような状態か把握することが大切です。聴神経腫瘍の治療方法ですが、良性の腫瘍ですのでやみくもに怖がる必要はありません。まだ、腫瘍が小さい場合はそのまま経過観察というケースもあります。腫瘍が出来ている場所が良くないと小さい腫瘍でも早期に開頭手術をする事がありますが、3センチ以下の腫瘍の場合は「ガンマナイフ(集中して放射線を照射する治療)」で治療を行うケースが多いです。手術方法は腫瘍の大きさや状態だけではなく、年齢によっても変わってきたりするので主治医と良く相談して決める事が大切です。