HOME>トピックス>因果関係もしっかり情報提供してくれるから対策できる

改善のために治療する

脚

保険適用されるからこそ、下肢静脈瘤の手術も費用面をあまり気にすることなく行うことが可能です。血管を焼き切る手術では、血液循環への不安要素が一般の方々にはあるようですが、深部静脈が正常であれば、かえって循環がよいため、改善できる手術に注目が集まっています。また、女性の場合には目立つ脚の色素沈着で積極的になるようですし、他に、血栓に合併症のある患者さんも積極的なのだそうです。

自覚症状を改善

脚

検査をして、下肢静脈瘤の破裂の不安要素が払拭されれば、自然には完治しないものの、手術をしない選択ができ、生活面での支障が出ないことでも注目されています。もちろん、足の疲れ、つりなどは引き続き症状として現れますが、弾性ストッキングで自覚症状を改善できることも注目されています。

対策や予防ができる

下肢静脈瘤も、網の目やクモの巣となるまで悪くなってしまうと、元に戻りづらい状態です。しかし、予防策がありますし、家族歴に関連もある医療データがあるようで、遺伝性であれば早々と対策ができます。親が手術をしたのなら、医師は子どもさんへの予防法をアドバイスしています。

色んな医療機関が関与

女性の妊娠や出産にも関連があると指摘される下肢静脈瘤、ですから、内科や血管外科のみならず、産婦人科も早期発見や予防の情報屋となっています。注目は、かゆみ・湿疹で皮膚科医のお世話になることもあるようで、癌などの悪性と違い、致命傷になる可能性の低さから放置しない情報提供や治療だともいわれています。